商業出版とは

  あなたの本が全国書店に並ぶ一流出版にチャレンジしてみませんか?
  かならずメジャー出版社で商業出版を実現させます!

  あなたの企画・原稿をお寄せください。 出版社に売り込むための "企画書"とはど  のようなものか。

  また出版社が採用する原稿とは・・・?

【商業出版にはコツがある】
  多くの企画や原稿を出版社に採用させているのは「内容」ではありませ ん。採用された 多くは「書き方」がうまい
からです。一流出版社の編集者には企画書や原稿がたくさん 寄せられます。
 すべてに目を通す時間も余裕もありません。
  そこで、どうやれば編集者の目を引き、手に取らせ、さらに「内容」を読んでもらえる か、が問題になるのです。
それには目を引き、手に取らせる「書き方」のテクニックが 必要になります。
  でも残念ながら、本を出したい人のほとんどがこのことを理解していません。誰も教えて くれないからです。優れ
た「内容」の企画や原稿が埋もれてしまっているのはこういう ことなのです。
    
  あなたの原稿も埋もれている!!
          
  −興味のある方はご一報下さい−

 
商業出版等の対象となるジャンル】

   ● ビジネス書、自己啓発書、実用書など、いわゆるノンフィクション全般が対象です。
   社長の自伝・経営実務書、企業案内、仕事案内なども含みます。
    創業記念の記録なども引き受けます。

  ● 小説(ただし企業小説は別)、エッセイ、詩歌は対象外となります。


出版プロデュースのご利用

  出版プロデュースでは出版社に採用されるために徹底サポート!
 
 ・原稿診断〔15日以内〕   5万円
 ・企画書作成〔15日以内〕 5万円
 ・出版社へのアプローチ   8万円〔成功報酬〕
 ・原稿執筆サポート    35〜50万円
 ・原稿執筆代行     100万円から〔難易度によって相談〕
 

トップへ
戻る
2013 (C)Office KITADA All Rights Reserved